毎週 木曜日発行!!  平成13年 11月1日創刊
 週刊 上原直彦 「浮世真中」が本になります!!
ニュース
ご感想
週刊上原直彦「浮世真ん中」が本になりました!
ご注文受付中!詳しくはこちらをご覧下さい

2004年 9月30日
連載 エッセイ
      「浮世真ん中」(153)

*<イートゥ・労働歌>

 ♪肝合ぁちょてぃどぅ 仕事ん はまいる ヤリクヌシー
 <はやし>サー ハリガヨンシー ヤリクヌシー
 ♪イートゥん さんしぇー 坊主ぬニングル ヤリクヌシー
 <はやし>サーハリガヨンシー ヤリクヌシー
訳=ちむ あーちょうてぃどぅ しぐとぅん はまいる=心を合わせてこそ、仕事は、はかどるもの。
イートゥんさんしぇ ぼうじぬ ニングル=イートゥも発しないのは、坊主の情婦だぞッ。

 「地ぶくにー」という作業がある。本土の「よいとまけ」のような地ならしのうた。掛け声の文句を書いてみた。「地」は地面。「ぶく」は土くれ。「にー」は、練る。こねるの意。
 イートゥは、歌、あるいは、労働時に交わし合う掛け声を意味する。
 王府時代から明治、大正、昭和初期まで、公用地、建築用地の地ならしや道普請等は、ほとんど、地域の人々の総出による労力でなされた。人は、黙っていては力仕事は出来ないもので、エイヤッとか、ワッショイなどと、気の入った声を発する。そのことで、実力、いや、それ以上の力を発揮するものだ。祭り、スポーツしかり。
 これら、気合の入った掛け声、労働歌を「イートゥ」と言い、「おもろそうし」の中の「ゑとおもろ」の「ゑと」は、掛け声、歌を意味する古語としている。
 ゑと。イートゥ。イトゥ。
 奄美大島諸島にも「イトゥ」と称する歌があって、「仕事唄」と位置づけている。

 では。
 なぜ「イートゥも発しないのは、坊主のニングル」なのか。
 ニングルは、懇ろ<ねんごろ>の沖縄語。辞書に、(1)大事にするさま。(2)むつましいさま(3)男女が情を通じているさま。とある。沖縄語では、(3)が強調されて情婦、妾、情夫をさしている。そこで、ニングルと坊主。どう関わっているか、はっきりさせておかなければなるまい。
 またぞろ、辞書のお世話になる。
 坊主=僧侶。出家。世俗の生活を捨てて、仏門に入ること。また、その人。とある。
 したがって、
 ♪イートゥんさんしぇ 坊主ぬニングル
 は、皆が共同労働をしているにもかかわらず、ひとり、協調しない者は寺入りせよ。出家せよ。俗世を離れよ、言い放って、庶民は運命共同体であることを説いているのである。フユウなむん<なまけもの>に投げかけるイートゥなのだ。
 かと言って、イートゥの文句は、すべて、教訓的かというとそうでもない。
 イートゥの形式は、いまに受け継がれてい、即興歌、狂歌として残っている。
 昭和初期の道普請唄「県道節」では、
 ♪現場監督ふぜいが、金縁眼鏡なぞかけて、オシャレのつもりかいッ。なんぼのもんじゃ。われら人夫の野良着の方がよっぽどマシじゃワイ!
 ♪監督はいいなぁ。命令だけして給金を取る。人夫ときたら、まるで牛馬扱いだ。
 ♪いかに監督が働けとハッパをかけても、根詰めて働くなよッ。どうせ人夫は時間給。時間暮らしをしていればよい。
 などとイートゥする。そして、時には、色っぽい歌も投げ掛け合う。
 また、瓦ぶきの家屋の瓦を接着するムチ<漆喰>つき歌「ムチちちゃー唄」では、
 ♪漆喰作りの重労働の辛さは、誰も知るまい。経験者でなければ分かるまい。
 ♪この重労働。誰が好んでするものか。銭金の不自由を補うためだ。貧苦ゆえだ。
 まったくの辛苦を訴えるイートゥになっている。

 八重山の人々が、労働時に歌った「ゆんた」も、イートゥの系譜と位置づけてもよいと思われる。


2003年9月上演。琉球粋人伝「渡嘉敷ぺーくー物語=上原直彦作。北村三郎演出、主演」の道普請<地ぶくにー>の場。


 次号は2004年10月7日発刊です!

2004年9月分
週刊上原直彦(153)<イートゥ・労働歌>
週刊上原直彦(152)<英哲翁との会話>
週刊上原直彦(151)<それぞれの老>
週刊上原直彦(150)<台風一過>
週刊上原直彦(149)<寝んじ不足>

過去ログ